ブーツのハナシ

ブーツの話。
以前にも旧ブログで書いたことがあるのですが、最近とてもよくお問い合わせをいただくブーツのこと、もう一度書きたいと思います。
IMG_8316

僕は昨シーズンからSNOWSCOOTライディング時にスノーボードブーツを愛用しています。
以前からレースやイベントで海外を回ってきて、あちらのレースコースがハードなものになってきていることをしばらく前から感じてました。
またJykKチームのニコや宮川くんなんかは昔からボードブーツでライディングし、怪我防止にプロテクターにも気を使っています。
そんな感じで、ゆくゆくはボードブーツでライディングするようなシーンになる。
と5年ほど前から考えるようになりました。

2010年にカナダの世界戦へ行って来て、やはりコースのハードさからくる衝撃で足首にストレスが異常にかかることを感じ、帰国後にスキー場のレンタルや友人からボードブーツを借りてライディングしてみたりしていました。
一昨年もフランスへ行った際に、コースの硬さとそこから来る疲労で上手く滑ることが出来ず。。。
そんなこんなで、こういった話をスノーボーダーの保坂亮馬さんと話していたら、サロモンで柔らかいブーツを作ったというお話を聞き、早速その秋に手に入れ試してみることにしました。
今シーズンは廃盤になってしまったのですが、サロモンのOUTSIDERというモデルを使っています。

IMG_1884

 

JIB用に作られたモデルだそうでボードブーツとしては柔らかい部類。
足首をしっかりサポートしつつ自由に動かせる感じでとても調子イイです。
従来のブーツ(モンベル ヴェイルブーツやサロモン パウダースパイク等)と乗り比べると、一見操作性が悪いように思われますが、ブーツのフィット感からくる足元の一体感が高く、足首周りの不安感がありません。
上手く言えないけどスネにチカラがかかっても、それがブーツを通してソールに伝わる感じがしたり、とにかく自分のチカラをしっかりスクートに伝えてくれる感覚、チカラが逃げない感覚がとても良いです。
安定感が高く、ほんとチカラがしっかりフレーム、ボードに伝わる。
慣れるとむしろチカラを使わなくてもよい印象です。
軽く、衝撃の吸収性も良く、ブーツ全体で足をサポートしている感触。
以前のものが「シューズ」。いま使っているのが「ブーツ」だ!って感じです。
デメリットは、ゲレンデ行ってブーツ履き替える時間が少し必要なくらいですかね。

BMX系、レース系ライディングはもちろん、基礎的な滑りをマスターしたいライダーにも怪我防止という意味でこれからはボードブーツがオススメと言って良いと思います。
パークはもちろん、不整地やパウダーでも、正直、ボードの違い以上にブーツの違いがより明確に滑りに違いがでると感じました。
もう元のブーツには戻れないですね。
IMG_3353
青森ではかなりボードブーツでライディングするライダーが増えました。
僕、ナオキング、フクちゃん、ギンロー、コーイチ、ケニー、ゆうじ、五十嵐、Oダギリさん、ケンケン、シゲシゲ、シラトリくんetc
他のライダーが使っていて調子の良いものは「NIKE Vapen」「Burton MOTO」「VANS HI-STANDARD」なんかがオススメです。
ちなみに僕は、気が早いですが来シーズン用にThirtyTwoというメーカーの「LIGHT(JP)」というブーツをオーダーしました!

スノースクート用にボードブーツを選ぶポイントは、まずはかっこいいと思ったものを選ぶ!
これめっちゃ愛着沸きます。気分上がります!
そしてメーカーにもよりますが、そのメーカーの中で比較的「ソフトフレックス」となっているものを基準にすると良いと思います。
ソールもつるんとしたものではなく、滑り難そうなパターンのもの。
あとは個人的なところではヒモで締めるタイプのものが良さげな感じですよ。
とりあえずボードブーツで滑るとどんな感触かを確かめたい方は、ゲレンデでブーツのみレンタルしてみてください。
また購入の際には、たくさんのメーカー、種類がありますので、スポーツ店へ行って試着してみることをお勧めします。

ONE 人気すぎて完売…再入荷もごく僅か。ご予約はお早めに!

新年あけてます!おめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!
最近の寒波の影響もありようやくシーズン本番って感じですね!
年明け4日には青森近郊のライダーが集まってあけおめライディングinナクアしてきましたよ。
今シーズンからスノースクートを始めたBMXライダー達もベテランライダーと滑りながらイイ感じに滑りこなせるようになってきました。

2014.1.4 New Year G Session!

2014.1.4 New Year G Session!

そんな若いライダーにも手の届きやすい価格になったジックジャパン スノースクート「ONE」が今シーズン大人気!

ポップなカラーが人気です!

ポップなカラーが人気! 左からブルー、レッド、イエロー(完売)、サーモン

そんなONE、人気すぎて我満商会への初回入荷分が完売してしまいました。
カラーによっては既にメーカー完売のものも…(Moss,Orange,Black,Yellow)
Blue,  Red,  Salmon,  BlueGray,  White,  Polishの6カラーは、1月末にごく僅かですが再入荷予定。ただいまご予約受付中です!

この入荷が今シーズン最後の生産になるとのことです。
ONEを手に入れるなら今が最後のチャンスかも!?
我満商会オンラインストアでは、1月末までお得なハッピーニューイヤーセール開催中ですので、ぜひお早めにご検討くださいね。
我満商会オンラインストア ONEのページ
http://gaman-shoukai.com/store/products/detail.php?product_id=52

手前からモス(完売)、ブルーグレイ、レッド

手前からモス(完売)、ブルーグレイ、レッド

 

ONE購入でスクート復活するライダーもいますよ☆彡 BMXライダー達はサマーシーズンに使っているものと同じ銘柄のハンドルバーやステムに交換! それだけでも各々のライダーのスタイルが表れますね(^_^)v

ONE購入でスクート復活するライダーもいますよ☆彡
BMXライダー達はサマーシーズンに使っているものと同じ銘柄のハンドルバーやステムに交換!
それだけでも各々のライダーのスタイルが表れますね(^_^)v

缶スプレーで自家塗装するライダーも!

缶スプレーで自家塗装するライダーも!

冬休み中、自宅でポコジャンライディングの高校生ライダー達!

冬休み中、自宅でポコジャンライディングの高校生ライダー達!なんとも雪国らしいですね。

このカラー凄くイイ!性別、年齢問わず人気のサーモン!

このカラー凄くイイ!性別、年齢問わず人気のサーモン!

JYKK「A-1」スノースクート用ロッカーボード!

スノースクート専用ボードとしては初となる前後ロッカー形状の「A-1ボード」が今シーズン新発売になります。
JykKライダーとして僕もテストしていましたが、ロッカー形状に加え、ボードのロング&ワイド化により今までのボードには無い、新しい乗り味になっています。

前後ロッカーボードのA-1

前後ロッカーボードのA-1

 

まずはロッカー形状とはなんぞや?ってところから。
ボードを横から見たときに、ボードの中心からノーズ側とテール側にそれぞれ反り上がっている形状のことをいいます。

イメージ図 上がロッカー形状、 下がキャンバー形状

イメージ図 上がロッカー形状、 下がキャンバー形状

 

ライディングする前はその見た目の違いから、柔らかい雪質では良さそうだけど、実際他のコンディションではどうなんだろう?と自分の中にはあまり良いイメージはありませんでした。
しかしライディングしてみると、ロッカー形状によるメリットと感じるところがたくさんあり、これは面白い乗り味だなと思いましたよ。

柔らかい雪質ではイメージ通り。
ボードの滑りが良く、トップが雪から出ようとします。
また初めからボードが反っているので、スクートを倒すだけでスイスイ曲がる印象です。

硬い雪質では足下が接雪している感じですが、柔らかいコンディション程、ボードが雪に沈み、接雪する面積が増えていく感じ=安定感が増していく感じです。

ちょっと文章で説明するのがとても難しいのでイメージ図を書いてみました。
(それでも分かり辛いですね。。。)

柔らかい雪質では接雪する面積が広くなり面圧が低下。 ロング&ワイドなA-1ボードは安定感が向上する。 ロッカー形状により雪の流れが良く、スピードのノリも良好。 パウダーも得意!

柔らかい雪質では接雪する面積が広くなり面圧が低下。
ロング&ワイドなA-1ボードは安定感が向上する。
ロッカー形状により雪の流れが良く、スピードのノリも良好。
パウダーも得意!

 

ターンのときは、硬い雪では足下のエッジがしっかりしている印象ながらボード両端の張り(反発)が無いために、ずらし易くコントロールが楽です。
それなのにバンクさせて行くに従って有効エッジ長くなっていく感じで、バンクが深くなっていくとテール形状の張り出しの効果(このサイドカーブがロッカー形状に凄くマッチしている印象)でガッチリエッジが効き、とてもしっかり感がありました。

硬い雪質では変化する有効エッジ長がキモ! ロッカー形状による短いエッジ長がバンクさせていくに従い長くなる。 つまりスピードがノってターンが深くなるにつれ、安定感が増すイメージ。 リヤボードが抜けづらい。

硬い雪質では変化する有効エッジ長がキモ!
ロッカー形状による短いエッジ長がバンクさせていくに従い長くなる。
つまりスピードがノってターンが深くなるにつれ、安定感が増すイメージ。
リヤボードがずらし易いのに抜けづらい。

想像していた乗り味とは全く違い、すごくコントロールしやすく安心できるボードでした。

地形を使うような遊び方だとボードがヌメヌメ接地してくれる感触が独特ですが、それも今までには経験の無い乗り味で、新しいライディングをイメージさせてくれます。
マニュアルとゆーか、テールプレス系の動きなんかが楽しくできて、グラトリやBOXなんかでも何か新しい動きができそうな感じがします。

ジャンプに関してはロッカー形状により反発がとても少ないので、僕の乗り方だと蹴りだす瞬間が分かりづらく、少しまくれ気味で飛んでしまう感じでした。
ボードの反発が少ないので柔らかく感じるためかもしれませんが、これはジャンプの飛び方による好みの問題だとも思うので、乗りなれていくことで上手くタイミングが見いだせる感じがします。
レスポンスのあるボード(通常のキャンバー形状)が好きな人は少し物足りなく感じるかもしれませんが、とにかく乗り味が新しく、今までには無いFANなボードです。
このボードに乗るだけで滑りにスタイルが出せると思います。

フロント、リヤ共にロッカーということで、ブッシュ部分の高さ調整(締め込み具合やスペーサーで調整)をすることにより、接雪する部分を少し前後方向に移動できるイメージになります。
フロント、リヤのトータルで深いロッカー形状にもセッティングできますね。
この辺りも自分の好みで色々とセッティングできるのも魅力です。
ゲレンデ地形を使って楽しみながら色々なコンディションを気持ち良くクルージングしたい方にぜひ乗って欲しいと思いました。


以下、JYKK SNOWSCOOT Facebookページからコピペ。
昨シーズンの試乗会でA-1ボードプロトタイプに試乗していただいた皆さんの感想です。

当初はSTYLE-A用のボードとして始まったので、名前にも「A」が入っています。
コンセプトはオールラウンドボード。「ターンがより気持ちよく出来るように」を一番に考え、ピーキーなレーシングカーではなく、扱いやすいスポーツカー的なボードとして、幅広いコントロール性を持たせ、乗って楽しい・気持ちいいを実現しました。

実際に乗って1ターンで感じる、他のボードの違いが非常にわかりやすく、試乗会でも時代の一歩先行くボードとして、かなりの高評価を得ました。

試乗会での感想は
・ハンドリングが軽い
・ボード全体が長くなっているのにそれを感じない取り回しの軽快感
・ターン時にリアボードがどこまでも抜けない
・小径のターン時で、後半でもスライドせずに、気持ちよくターンできる
・マニュアルが非常にやりやすくなった。
・新雪時でもフロントが浮きやすいので、ポジションを変えなくてもいい
・スクートがバンクさせれないときのフロントボードの接地感が弱くなる
・ターン時にスクートをバンクささずにリアボードをスライドさせるような乗り方だとリアの接地感が弱くなる。

様々な良いところ悪いところもいろいろな意見を頂きましたが、一番の特徴であるsnowscoot専用ボードとしては初めてとなる、前後ロッカー形状 (緩やかに反っている部分)とそれにマッチングしたシェイプが今まで無かった、誰もが想像できなかった斬新な乗り味を演出。 乗れば乗るほど、良い部分が悪い部分をかなり上回っているとの感想を頂き、高評価に繋がっているようです。
主な特徴としては
・フロントボード ボードのロング&ワイド化、先端形状及び厚みのスリム化、フロントロッカーの採用
・リアボード ボードのロング&ワイド化、後端の薄厚化、フロント、リアロッカー形状

ちなみに、これはA専用と思われてしまいますが、ネジ穴の規格は従来と同様なので今までのSNOWSCOOTの大部分には装着可能です。 (装着できないモデル年度もあります。)

 

我満商会オンラインストア
http://gaman-shoukai.com/store/

僕のお店「我満商会」でも、「JYKK A-1ボード」をご購入いただけます!
カラーラインナップや価格など、詳しく見たい方はオンラインストアに掲載しておりますのでぜひご覧ください!!

ECO, ONE & DECO

たまたま伯父さん家に配達に行ったら。。。
雪囲いが凄っ!カザマにブルーモリス!
僕が小学生の時に使ってたスキー!
耐候性に優れるからって、毎年使ってるそうです。
やばい。ゴミにしない。かなりエコですね。
IMG_3142

えー、ジック・スノースクート2014モデル入荷してますよー!
まずは「ONE」から入荷。
ご予約頂いている分から順次、組立て、納車です(^_^)v
商品チェックしましたが、これは、やっぱり、めっちゃお得なモデルです!
重量も軽いっ!
ボードはキャップ構造のG-1シェイプボード。
こちらも作りがしっかりしていて、間違いなく価格以上のスペックです。
しなやかですが思っていた以上にしっかり感があります。
一昔前のハイエンドモデルより、いまのエントリーモデルのほうが間違いなくイイです。

いや、エントリーモデルじゃないですよコレ。

10色のカラーから選べるってことも、とっても魅力的!
このスペックでこの価格は本当にメーカーさん頑張ったと思います。
きっと儲けがほとんど無いと思います(笑)

ほんと、来年から消費税も上がるんで、このスペックでこの価格は今年だけかも!?そんな風に思っちゃいました〜
スノースクート始めるなら! 「今でしょっ!」

この価格でこのスペック!しかも10色!色で決めてイイと思います!

この価格でこのスペック!しかも10色!色で決めてイイと思います!

 

そして僕が今シーズン、BMXで使用していたグリップを紹介します。
DECO BMXというブランドのグリップなのですが、適度な太さで柔らかく、とっても手に馴染みます。
長年ハンドルスポーツをやってきたこともあり、時々腱鞘炎っぽくなってしまうこともあるのですが、このグリップは手首に優しい感じがして、サマーシーズンは楽しくBMXライディングできてました。
IMG_2373

先日試しにウインターグローブをしてライディングしてみましたが、それでも感触は良好。
濡れてもスベりにくい感じなので、今シーズンはスノースクートにも使います☆彡
ってことでこちらも全色揃えてみましたー!
楽しいカラーでお洒落に!
スノースクートライダーのみなさん、要チェックですよー(^_^)v

DECO BMXのグリップ、カラフルー!! ラスタカラーとUSAカラーが登場してインパクト十分!

DECO BMXのグリップ、カラフルー!!
ラスタカラーとUSAカラーが登場してインパクト十分!


JYKK SNOWSCOOT純正のロックオングリップは、構造上、プラスチックのスリーブにグリップ部分のゴムが乗ってる作りになっています。
そのためゴム部分が薄くクッション性はあまり良くありません。
もちろん簡単に6角レンチで固定、取り付け簡単という大きなメリットがあります!
純正のロックオングリップで硬く感じるライダーは、一度ノーマルなBMXグリップ試してみてくださいね!
(スノースクートで使用する場合はワイヤリングか接着剤で固定!←これデメリット)

 我満商会オンラインストア  http://gaman-shoukai.com/store/

僕のお店「我満商会」でも、上記商品をご購入いただけます!

価格やスペックなど、詳しく見たい方はオンラインストアに掲載しておりますのでぜひご覧ください!!

SNOWSCOOTボード 比較写真!

じゃーん! ありそうで無かったSNOWSCOOTボードの比較写真です。

左からThe day Flying fishJYKK A-1JYKK G-2JYKK Nico typeJYKK G-1
多少のズレはありますが、取り付け位置をだいたい合わせて撮影しました。

従来の大きさのG-1、Nico typeと比べるとG-2、A-1、Flying fishのボードの大きさが分かりますね。

左からThe day Flying fish, JYKK A-1, JYKK G-2, JYKK Nico type, JYKK G-1.

左からThe day Flying fish, JYKK A-1, JYKK G-2, JYKK Nico type, JYKK G-1.

 

ベストセラーのG-1シェイプは正にスタンダードボード。
形状の前後バランス良く、素直な特性。カービングが気持ちイイですよ!
outlet_g1s_detail01

 

Nico typeはフリースタイルワールドチャンピオンNico Pillin設計のシェイプ。
G-1よりもひと回り大きく、ジャンプやパークライディング時の安定感とレスポンスを高次元で融合したボード。
パークライディングメインならこのボードがオススメ!

Nicolas Pillin Signature Board

Nicolas Pillin Signature Board

 

JYKK G-2はショートファットって言葉がピッタリかもしれませんね。
ソフトな雪質で遊びやすく、安定感があり、これ1セットでどこでも遊べるオールマウンテンボード!

ソールは爽やかなブルー

G-2ボード ソールは爽やかなブルー

 

JYKK A-1は前後ロッカー形状の採用で、Snowscootの新たな可能性を秘めたボード。
ワイド&ロングですがロッカー形状により長さを感じさせない取り回し。
とにかく乗り味が新しく、妄想が膨らむボードです!
(詳しくは後日ブログにアップしますね。)

前後ロッカーボードのA-1

前後ロッカーボードのA-1

 

Flying fishは見た目からして「パウダー専用!」が潔い!
ボードに対してフレームをセットバックしてセッティングできるイメージ。
それによりフロントからのボードの浮力が高く、安定して気持ち良くパウダーライディングすることが可能です!

ボードが来たら週末まで待っていられなかった。次の日のためにすぐに組みました(笑)

 

我満商会オンラインストア  http://gaman-shoukai.com/store/

僕のお店「我満商会」でも、上記ボードセットをご購入いただけます!

価格やスペックなど、詳しく見たい方はオンラインストアに掲載しておりますのでぜひご覧ください!!